« U25キャンペーン テラスゆるカフェフェス | トップページ | ご宿泊予約・お問い合わせ(HOME PAGE ホームページ) »

2016年7月25日 (月)

2016 APR-JUL この道に心の拠り所があるライダー

 P_20160406_074046
4/5 エリミネーター なにわノブキ様 
大阪湾の海底の土を練って、皿茶碗湯のみカップ
地元の変わった趣味講座、陶芸にはまっているそうです!
趣味の幅を広げると、バイク旅する時間も
それだけではない、非日常の拠りところに気づくのです。

P_20160410_090831
4/9 エストレヤ 横浜まいこ様
二年ぶり当宿再来のライダー女子様!
静岡山間、川根路は桜が綺麗という話を想い出し
ふらっと、お登場くださりました!
旅=バイクかと思いきや
GWは海外へと一人旅するそうで
以前東南アジア、ラオス、タイ、ベトナムを巡っていらい
バックパッカーワールドに浸かってしまい
今度は、インド北部あたりに踏み込みたいそう。。
旅先口コミで知ったという、風の谷のナウシカ風景の秘境まで
弾丸トラベル成功なるか?
くれぐれも、政情治安情報、安全慎重に楽しんできて下さいませ!

P_20160420_085534
4/19 NC700 大宮マコトさま
無農薬オーガニックの新茶を求め
川根にお越し下さいました!
若かりし頃、海外バイク放浪に青春を捧げ
オーストラリア・北米・中南米
大陸を走破し巡ってまいりました!
南米で口にした形崩れでも美味しい天然食材に感化され
日本で安全品質の野菜や食品を自力で直に仕入れ
販売業をおこなっていらっしゃいます。
安全で美味しい食品を見極める
世界を旅して身に付けた価値観
健康食品の市場を意識していたわけではないそうですが
震災以降、ますます時代にマッチしてきたそうで
食と体質、求められる需要にたいして奔走する毎日です。

P_20160425_075301
4/21 スーパーカブ 緑区ヒロユキさま
カブ刀虫(かぶとむし)常連ヒロユキ様
人生の旅、心機一転!
長い長い道程にて、大きな岐路に達しました。
さあ!どこにハンドルをきるか?
失う立場があればこそ、得られる時間もまたあります。
とりあえず、バイクにまたがって
GWのニッポンを走りながら考えましょう。

P_20160425_061043
4/24 SR 湘南ミツルさま
気合い入りまくり、使い込み
生活の体の一部となった年季入りバイク!
気構えず身軽に手軽に
近県の温泉求めてふらりとバイク旅!

P_20160427_092822P_20160427_092835
4/26 NC 横浜タキさま CB 湘南ノリブミさま
昨年暮れにリターンライダー当宿においでくださいましたノリブミさま
このたびは、旧知のライダーお仲間を連れられて再来くださいました。
十数年ぶりのバイクライフ復帰で、かつてと変わったことといえば
御家族ご家庭、誰にひきとめられることなく
自由に気ままに好きなだけ自分の行動をとりアチコチに出掛けられ
しかも、争いなく家内もいたって「平和」となっているそうです。
しかし、奥さんに言ったこと言われたことも記憶が曖昧になっているそうで
ひょっとすると、何かしら衝突していたのかもしれないけど家戻ればすっかり忘れていんだそう。
旦那衆バイク旅は熟年家庭円満?!の秘訣ですね!
祝 円満 復帰
祈 平和 復興
赤十字熊本地震義援金、御寄附ありがとうございます!

P_20160430_085203
4/29 マジェスティ 練馬ケンさま
10日間の大連休取得!
故郷広島へとノンビリバイク旅
先は急がずあちこち散策しながら東海道下ります。
帰路は日本海側を時間の許す限り走って戻るそう。
BIGなGWとはいえ、お気楽ホリデースタイル
スクーター軽装なお姿がGOOD!

P_20160501_091425
4/29 グラディウス野田タクヤさま

新年度新学期、心機新規
貴重なGW休暇、ピカピカ新古車にお乗り換え御登場!
東海道から木曽路へと山々をぬって
ネイキッドバイクで気持ち良い新緑の風をきって走ってください!

P_20160502_080923
5/1 VT700 春日部タカオさま
年の初め三元日に当宿おいでくださり
GW連休もまた、ツーリング途中にお立ち寄りくださいました!
いつも御贔屓ありがとうございます。
最近思うところは「健康」第一
身も心もしっかりしていて、季節季節の旅をする人生の醍醐味。
夏季の間は、北のデッカイ大地へ遠出されますが
季節が巡りましたら、また東海道へとハンドルを川根へと進路をとってくださいますよう願います。

P_20160502_083346P_20160502_083323
5/1 豊中ジュンイチさま
GWに当宿2連泊。
新茶の萌黄緑色が映える静岡、大井川流域を自転車で巡り新緑を堪能くださりました。
年季モノ自転車、タブレット端末駆使し手慣れた旅スタイル
ベテランちゃりだーさまでいらっしゃいますが
実はほとんど、遠距離を走ったり遠出したことはないそうで
普段お休みのときは、関西近郊を電車利用で散策サイクリングをしているそうです。
自転車ならではの時間の使い方楽しみ方、そのコツを要点をしっかり押さえていらっしゃいます!

P_20160502_095936
5/1 CBSB 湘南ユウキさま
会社自体は大型連休で営業していないのに
決算業務の会計士スケジュールが入ってしまい、誰もいない会社へと出勤しなければならないそう。
つかの間の分断GWとなってしまい帰路へとつかれました。
このたび齢三十路にして、初めてユースホステルに泊まったそうで
日本全国を旅することを夢見て
今後連休とれることに期待し
その勢い反動で?!YH会員登録!
ありがとうございます!

P_20160505_083544
5/4 CB名古屋ヤスシさま
ヤスシさま東海道上り、天下の険へとGW道中バイク旅。
親父に倣い一人前のライダーとなった、華の東京で新社会人の息子さま
この連休は箱根の温泉宿を予約し現地集合、親子水入らずの時間が待っているそうです。
バイクという手段があると、照れくさくない素晴らしい機会がうまれますね!
5/4 マジェスティ大阪コウイチさま
鉄道写真&バイクツーリングをこよなく愛するコウイチさま。
このGWは、蒸気機関車目当てに大井川にお越しくださいました。
撮り鉄ライダー、日本全国がホームグラウンドですが
実は特によく通っている自分の庭は「九州」なんだそうで
この度の熊本震災には、凄く心を痛めていらっしゃる御様子。
大阪から南港フェリーで、宿泊なしで旅できるのが最高だそうで
週末仕事終わって愛車で船乗り込んで、風呂入って一杯やって、、
瀬戸内夜行、往復船中での快適な過ごし方が休み明けへの活力につながるんだそうです。
祈 九州復興!!

P_20160505_085104
5/4 セロー所沢カツノリさま
大型バイクからセロ―に乗り換えされた
ベテランライダーさま!
道なき道ではなく、公道長距離走行がメインなのでタイヤはモタード仕様。
しかし、旅スタイルは主にワイルド野営!
テント寝袋自炊キャンプ
フル装備で、山梨へと抜ける山間地帯へと出発されました。

P_20160529_080834
5/28 Vストローム 和泉ひさかずサマ
浜松のスズキ本社で開催される
Vストロームミーティング2016に参加するため、大阪から一路静岡までお越しくださいました。
http://www1.suzuki.co.jp/motor/vstrom_meeting2016/report.html
バイク乗りは多種多様、十羽一絡げな趣味の世界ではありません。
個性が入り混じるライダー世界において、同一の車種が全国から集うオーナーミーティング。
それを選んだものだけが、わかり合える共有できる好みのスタイル!
メーカー開発者や二輪ジャーナリスト、Vストロームに関わった人々の魂。
ユーザーとして一同にその空気を共有し自他共に認めあえるとは、満足度Vですね!!

P_20160529_105449P_20160529_092557
5/29 モトコンポ 磐田市マサノリさま
大井川カヌー下りにて当宿をご利用いただいております、毎度お得意様のカヌーインストラクターマサノリさま。
CreekSound(クリークサウンド)
〒438-0123 静岡県磐田市平松396-6 TEL 0539-62-1772
http://www.creeksound.com/
なんと自動車トランクに収まる、希少原付モトコンポをお持ちでした。
製造から30年は経つであろうマシンですが、貨客送迎の先回り駐車に現役大活躍!
川下りの随一不可欠、必須道具なんだそう。
ユースホステル前の河原をカヌー出発地にしてくださって、この天然記念物車が装備されていることに今回気付きました。
いい商売道具ですねー!

P_20160718_083508_thumb[10]
7/17 CRF 世田谷ヒロユキさま
真夏の始まり、海の日連休
都内の雑踏をを北西に進み、埼玉の奥秩父から中津川林道を経て夏の山々の風景の中を心ゆくまでオフロード走行。
長野県の高原地帯にて涼んだのち、南アルプスの険しい山岳地帯を浜松へと抜け静岡へとお越しくださいました。
モトクロッサーで山連休?!大満喫ですね!!

P_20160718_081220_thumb[5]
7/17 ゼファー 横浜コウヘイさま
今夏転職されるまえ、ロングバケーション発生。
竹芝桟橋から貨客船に乗り込み、オーシャンパシフィックピース1000キロの船旅。
世界遺産の諸島、太平洋にとり残された小笠原にて滞在してきたそうです。
色とりどりの魚に南の風と波。夕陽に映える砂浜と海。
頭と心から「現実」という何かが消滅した一週間。
そして、東京へと帰港し、新しい職場、新たなる生活がスタート。
つい先日のそんな非日常の出来事から一切が切り替わっているものの、こうして連休バイクで出掛けると一時的に何かを忘れつつも、そしてスタートした日常生活へと能動的に戻れるのではないでしょうか。

|

« U25キャンペーン テラスゆるカフェフェス | トップページ | ご宿泊予約・お問い合わせ(HOME PAGE ホームページ) »

ななまがりライダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« U25キャンペーン テラスゆるカフェフェス | トップページ | ご宿泊予約・お問い合わせ(HOME PAGE ホームページ) »